トップページ
日本海事広報協会のイベント
2005年度「ジュニア・マリン賞」決定
日本海事広報協会のイベントトップ 】 【 過去の受賞作品トップ
小学生、中学生、高校生による海の研究レポート
日本海事広報協会は小学生、中学生、高校生による海の交通、産業、水産・漁業、歴史、文化、自然、環境などについての研究成果や、海浜清掃ボランティア活動の成果レポートを募集する「ジュニア・マリン賞」(後援・国土交通省、水産庁、日本海事財団)を実施しています。さる3月27日に海運クラブ(東京都千代田区)で行われた2005年度「ジュニア・マリン賞」の発表・表彰式において、小学生、中学生、高校生の部門ごとに最優秀賞、優秀賞が選出、表彰されました。選出された研究レポートは次のとおりです。
また、優れたレポートを多数応募された学校に贈られる「学校奨励賞」には東京都中央区立佃中学校が選ばれました。
小学生
部 門
最優秀賞
「なぞのくろふね」
千葉県市川市立新井小学校1年 相原秀哉
優秀賞
「海の研究パートⅤ 海のよごれ調べ」
高知県高知市立高須小学校5年 沖大智
「生きた化石カブトガニ」
広島県江田島市立大古小学校5年 長坂万有、若尾祐介
中学生
部 門
最優秀賞
「今、調査捕鯨はなぜ必要か?」
東京都中央区立銀座中学校2年 青木ゆふ及
優秀賞
「海苔の研究」
東京都中央区立銀座中学校2年 津澤莉紗
「排他的経済水域」
東京都世田谷区立烏山中学校1年 清野亮太郎
「大きな海を通して感じた身近な水の大切さ」
東京都中央区立佃中学校2年 吉田泰子
高校生
部 門
最優秀賞
「広田湾のゆりかご!?」
岩手県立広田水産高等学校3年 菅野由梨佳ほか5名
優秀賞
「伊豆大島周辺、トウシキ遊泳場におけるアントクメの生息調査」
東京都立大島南高等学校3年 滝田静子ほか5名
「浮鯛抄伝説と家船との関連について」
広島県立忠海高等学校2年 道法亜梨沙ほか3名

[ 審査風景 ]
審査委員からの質問に答える発表者
募集と選考について説明、審査委員の公表、各部門優秀賞の内容をお知りになりたい方は次の項目をクリックして下さい。
募集・選考の説明と審査委員の講評
小学生部門最優秀賞・優秀賞
中学生部門最優秀賞・優秀賞
高校生部門最優秀賞・優秀賞