海の日
海の日

ミス日本「海の日」

ミス日本「海の日」は、国民の祝日「海の日」制定を機に設けられたもので、四面を海に囲まれた日本にとって大切な海の恵みへの感謝、海洋関係への理解と関心を深める役割を担い、7月の「海の日」を中心に、海洋関連イベントで「海の日」の意義や海洋及び海事産業の重要性の周知広報、海の安全啓発活動を行っています。
ミス日本「海の日」を応援いただきますとともに、活動の紹介並びに活動の機会を頂戴できればありがたく存じます。
なお、ミス日本コンテストでは、ミス日本グランプリのほか、ミス日本「海の日」、ミス日本「水の天使」、ミス日本「みどりの女神」、ミス日本ミス着物、ミス日本ミススポーツを選出しています。

2021ミス日本(にっぽん)「海の日」決定!

2021ミス日本(にっぽん)
「海の日」決定!

海の日
海の日

2021ミス日本「海の日」吉田さくら

海の日
 令和3年3月22日、京王プラザホテルにて第53回ミス日本コンテスト2021(主催:一般社団法人 ミス日本協会、後援:スポーツニッポン新聞社)が開催され、2021ミス日本「海の日」として、 吉田さくら(20歳、群馬県出身)さんが選出されました。
 吉田さんは、7月の「海の日」を中心に、海洋関連イベントで「海の日」の意義や海洋及び海事産業の重要性の周知広報、海の安全啓発活動を行います。
 ミス日本「海の日」を応援いただきますとともに、活動の紹介並びに活動の機会を頂戴できればありがたく存じます。
吉田さくら
海の日 吉田さくら(よしだ さくら)
年齢・出身:20歳、群馬県出身
職業:大学2年生
特技:トランペット演奏、バトン、茶道
趣味:茶道、茶道具展・美術展めぐり、料理
将来の希望:報道に関わる仕事
座右の銘:冬夏青青
*年齢、学年は3月23日現在のものです
受賞時の本人コメント
 ミス日本「海の日」に選ばれ、すごく驚いたのと同時にすごくうれしかったです。
 私は海のない群馬県出身なので、海へのあこがれが強く、季節も春夏が好きなので、「海の日」に選ばれて光栄です。
 今回、ミス日本コンテストに応募したのは、自分が活動しているNPOのことなどを多くの方へ知ってほしいと思ったからです。
 ミス日本「海の日」として、活動したいことはたくさんあります。
 昨年から2020ミス日本「海の日」の森谷美雲さんのSNSなどで、「海の日」の活動を拝見していました。小型船舶免許をとったら、ボートを操縦し、海を近くで感じることができるのを楽しみにしています。
 また、日本の貿易量の99%以上を船舶が運んでいると知ったときは本当にびっくりしました。もっと多くの人がそのことを知って、感謝する機会が必要だと感じています。
 これからミス日本「海の日」として多くの方へ、海の楽しさ、海での安全啓発、海の仕事を従事する人への感謝の気持ちなどを伝える機会があります。海の魅力をたくさん発信していきたいです。

<本件に関するお問合せ先>
国民の祝日「海の日」海事関係団体連絡会
事務局 公益財団法人 日本海事広報協会 事業第二部(担当:鈴木・岡)
東京都中央区湊2-12-6
TEL 03-3552-5031 FAX 03-3553-6580