トップページ
日本海事広報協会のイベント
2004年度「ジュニア・マリン賞」高校生部門最優秀賞・優秀賞
日本海事広報協会のイベントトップ 】 【 過去の受賞作品トップ


『幻のオノミチキサンゴを探して~瀬戸内海に生息する希少生物の調査・保護活動~』
広島県立忠海高等学校3年
岡田和樹
概要
希少生物のオノミチキサンゴを自ら発見して生態をつぶさに観察し、オノミチキ サンゴが棲息する海の状況を克明に報告している。現地調査も実施し、自分の主張を理論的に 展開している。また、地元の人々に調査・研究の協力をお願いするなど、調査・研究方法にも 工夫が見られる。さらに、研究成果をホームページなどで広く報告している点にも注目したい。


『マダイ稚魚におけるコンブ添加飼料の効果』
愛媛県立宇和島水産高等学校2年
田中真誠
概要
実験を通して、コンブの魚類養殖用飼料としての有効性を証明し、コンブの適切 な効果率も調査している。スクーバによる潜水調査の結果、養成コンブ周辺には魚群やその他 の水生生物が昨年とは比較にならないほど増えていることも確認できた。コンブを海の浄化と マダイの稚魚の飼料としての有効活用に着目した点は評価に値する。


『ミトコンドリアD-loop領域における塩基配列の違いを用いたスズキ目の系統分類の試み』
広島県立忠海高等学校3年
渡辺達也ほか
概要
ミトコンドリアDNAの一部であるD-Loop(制御領域)の塩基配列を解読し、そ の違いに基づいて魚のスズキ目の系統分類を試みた専門的なレポート。DNAの塩基配列の違 いにより近縁関係を表した系統樹では、図鑑などで見られる自然分類とは異なる結果になる場 合があることも考察している。