海・船・港は
魅力がいっぱい
港は海の玄関口

海に囲まれた日本にとって、港は日本と世界を結ぶ海の玄関口です。私たちの生活に欠かせない原材料や製品の輸出入のほとんどが、船によって行われています。その船が貨物を積みおろしする大切な場所が港です。
日本には経済活動などに大きな影響をもつ港として、国が指定した国際戦略港湾、国際拠点港湾、重要港湾などと呼ばれる港が、全国に約1000港あります。港の周辺には多くの都市が発達し、臨海工業地帯を形成して産業や経済を支えています。
こうした大型船が出入りする大きな港のほか、離島の港、ヨットハーバーなどのマリーナ、漁船のための漁港など、私たちのくらしにより身近な港も、全国各地に建設されています。
また、港には安全で安心な暮らしができるように、高波や津波などの災害から町を守るための防波堤や防潮堤が設置されています。
経済や文化など、さまざまな面で国際社会との交流が活発になった今日、世界の国々と日本を結ぶ接点として、港は大きな役割を担っています。

いろいろな港(埠頭の種類)
いろいろな港(埠頭の種類)
日本のおもな港
海事産業施設マップ
海の産業のことをもっと知りたい
海運と船と港の役割

コンテンツ一覧

  • 海と船の情報ファイル「海」や「船」のさまざまな情報を紹介。
  • シップガイド世界中の港を行き来する、いろいろな貨物船を紹介するミニ船図鑑。
  • SHIPPING NOW「海運」のデータを集約し、わかりやすく説明したパンフレット。
  • 海と船なるほど豆辞典海の自然・生物、船と港を小学生向きに解説。
  • 海の手帳(Befriend the Sea)海や港での学習に役に立つ海事知識や環境問題をわかりやすく解説。
  • リンク集リンク集