トップページ
日本海事広報協会のイベント
2008年度「ジュニア・マリン賞」決定
日本海事広報協会のイベントトップ 】 【 過去の受賞作品トップ
[ 写真 ] 審査委員と入賞者との記念撮影
審査委員(敬称略・50音順)
アグネス・チャン(歌手・教育学博士)
壷内明(全日本中学校長会会長)
杉浦宏(NHK子供科学電話相談お魚博士)
杉崎昭生((社)海洋会会長、元東京商船大学学長)
塚本勝巳(東京大学海洋研究所教授)
豊島達((財)日本海事広報協会理事長)
募集と選考
募集期間は2008年6月初旬から11月20日までで、全国から1,939点の応募がありました。
(内訳:小学生部門114点、中学生部門1,805点、高校生部門20点)。
審査は12月初旬に事務局で予備審査を行い、部門ごとに上位10点計30点を選出、審査委員へ審査を依頼しました。
審査は上記の審査委員によって行われ、2008年1月下旬に小中高生部門ごとに優秀賞3点、佳作は小学生部門5点、中学生部門6点、高校生部門4点を選出、また、学校奨励賞は東京都練馬区立石神井東中学校に決定しました。
2009年3月26日、東京都江東区のパナソニックセンター東京において優秀賞受賞者によるレポートの発表が行われ、最終審査の結果、国土交通大臣賞1点、財団法人日本海事広報協会会長賞2点が選出されました。
続いて表彰式が行われ、国土交通大臣賞受賞者と日本海事広報協会会長賞には賞状と楯、記念メダル、図書券(3万円分)とコンパス、優秀賞受賞者には賞状、記念メダル、図書券(1万円分)が贈られました。