海船なるほどサーチAND OR














日本はまわりをぐるっと海にかこまれた島国です。そして半島、岬、島などがあって、海岸線が入りくんだ地形ですから、陸地の面積にくらべて、長い海岸線をもっています。では、どのくらいの長さかというと、3万3,889kmもあります。これは地球一周の長さの85%近くにもなる長さです。
 海岸線を47都道府県別でみると、39の都道府県が海に面していて、海岸線をもっています。いちばん長いのは北海道の4,377km、2番目は島が多い長崎県の4,137km、3番目は鹿児島県の2,722kmです。1,000km以上のところは三重県、広島県、山口県、愛媛県、熊本県、沖縄県の6県です。逆に短いところは山形県の110km、富山県の117km、鳥取県の144kmとなります。
 ところで、海岸線の長さはいつも同じではありません。いろいろな原因によって変化します。たとえば、港や空港の工事による埋め立てなどや、川から流れてくる土砂が河口付近の地形を変えてしまえば、海岸線の長さも変わります。また、大きな地震がおきると、地盤がもち上がったり、下がったりして地形が変わり、海岸線を変えてしまいます。