海船なるほどサーチAND OR














船長や航海士、機関長や機関士などになるには、専門の学校を卒業して、試験に合格することが必要です。
 外国航路の船の船長、機関長になるには商船大学、または商船高等専門学校へ進みます。商船大学は東京と神戸にあり、帆船日本丸、海王丸での航海実習もふくめて4年半学びます。商船高等専門学校は全国に5校あり、中学校を卒業後、やはり航海実習をふくめて5年半学びます。これらの大学、学校を卒業して試験を受け、合格すれば三級海技士の資格をとることができます。そして船会社に入ればいよいよ航海士、機関士としてスタートです。その後、決められた日数以上船に乗り、二級海技士、一級海技士の試験に合格していくと、外国航路の船長や機関長として船を動かすことができるのです。
 国内航路の船に乗るなら独立行政法人海員学校へ入学する方法があります。海員学校には、中学校を卒業後、帆船実習を含め3年間学ぶ海上技術学校が全国に6校と、高等学校を卒業後、同じく帆船実習を含め2年間学ぶ海上技術短期大学校が2校あります。これらを卒業して試験に合格すると、4級海技士の資格をとることができます。その後さらに試験に合格すれば、船長や機関長として船を動かすことができるようになります。