トップページ
日本海事広報協会のイベント
2011年度「ジュニア・マリン賞」小学生部門 日本海事広報協会会長賞・優秀賞
日本海事広報協会のイベントトップ 】 【 過去の受賞作品トップ


「ヤドカリのなぞを解け!! ~ホンヤドカリのまき~」
広島県江田島市立大古小学校5年
悦喜達也・亀井創・久保木大海
小柳望・中村俊介・道本駿介
概要
昨年行った研究に引き続き、ヤドカリの疑問をさらに研究しました。「色を識別するのか」「光に反応するのか」「どのような条件のものを宿にするのか」について行動や習性を丁寧に調べました。仮説と異なる結果が出ても諦めず、新たな仮説を立て検証する姿勢が素晴らしいです。ヤドカリの生態がよくわかる作品です。


「おいでおいでにさそわれて ~フジツボのひみつ~」
広島県江田島市立三高小学校4年
フジツボチーム
大越颯斗・沖原聖・尾崎竜人
寺下優希・大平真帆・鍵本和佳那
概要
三高の海にいる4種類のフジツボの生態について観察・実験を行いました。これらのフジツボが三高の海にどのように分布しているのか、海岸やカキヒビの調査には大変な苦労がうかがえます。イラストを取り入れながら、フジツボのまんきゃくの動きをわかりやすく説明しています。


「里海のシンデレラ ~ダンゴをのこしたのはだあれ?~」
広島県江田島市立三高小学校4年
カニチーム
原田香菜子・小林京介・小松凛太朗
寺本楓香・平岡里菜
三浦明日香・三浦早由紀
概要
砂浜にある穴にコメツキガニがいると予測して調べてみると、準絶滅危惧種のハクセンシオマネキを発見。それぞれの体の特徴・住み処の砂質・行動・作り出す砂ダンゴを調査し比較しました。ハクセンシオマネキの砂ダンゴには2種類あるという発見が鋭いです。両者の特徴がよく調べられている好レポートです。