トップページ
日本海事広報協会のイベント
2007年度「ジュニア・マリン賞」高校生部門最優秀賞・優秀賞
日本海事広報協会のイベントトップ 】 【 過去の受賞作品トップ


『海産白点虫Cryptocaryon irritansに対する銅イオンの効果』
愛媛県立宇和島水産高等学校
2年 高尾勇斗(たかお ゆうと)
入江啓介(いりえ けいすけ)
浅野涼太(あさの りょうた)
概要
養殖魚の食品衛生上の使用について、薬品に代わり銅イオンが現実に検討されている中、どの程度の効果があるか注目されるところ。将来使用される可能性が大きいテーマで頼もしさを感じるレポートです。まだまだ課題も残っているようで更なる研究に期待します。


紅藻類トサカノリ(Meristotheaca papulosa J. Agard)完全養殖実現の研究』
長崎県立長崎鶴洋高等学校
3年 水産増殖科課題研究潜水調査班9名
概要
継続研究で、この地域でトサカノリ養殖を実現した地域水産業発展に寄与することを目的に実践活動と調査を行っています。「地域に貢献するのだ」というしっかりした目的意識や誇りを、個々が持って取り組んでいるところが非常に高く評価できます。今後の活動計画にも期待が持てます。


『瀬戸内海における多度津町沿岸の環境についての調査および里海づくりの基礎研究』
香川県立多度津水産高等学校
3年 小山翔平(おやま しょうへい)
清村和貴(きよむら かずき)
概要
すばらしい景観を持った地元の海岸が急速に変化していくことを懸念し、海洋環境を保全するために努力した点はすばらしいと思います。真夏の調査研究で大変な苦労をしたようですが、その努力や熱意は十分評価できます。製作した装置やロボットの活躍と成果にも興味が持たれます。