(公)日本海事広報協会のホームページです。「海の日」や海運・造船などの海事産業、マリンレジャーや海洋環境など海について幅広い広報活動をしています。



トップページ > ニュース > 2012年度「ジュニア・マリン賞」国土交通大臣賞 決定!
ニュース
2012年度「ジュニア・マリン賞」国土交通大臣賞 決定!

(公財)日本海事広報協会(会長・前川弘幸)は、平成25年3月27日(水)東京海洋大学越中島会館で、「ジュニア・マリン賞」の発表・審査会を開催し、各部門優秀賞の中から国土交通大臣賞1点、公益財団法人日本海事広報協会会長賞2点を決定しました。

国土交通大臣賞には、高校生部門から
 新潟県立新潟工業高等学校 土木科3年 
 知的財産研究班 
  佐藤奨之介・桑野健太・櫻木佑介・中野芳樹・成海岳至・野上敬太
 レポート名「自分が助からないと、大切な人を助けられない
       ~折りたたみ式コンクリート救助艇の作成~」
が輝きました。
このレポートは、東日本大震災をきっかけに、長寿命を誇る
コンクリートで、防災拠点に常設できる折りたたみ式の救助艇をつくることに挑戦し、水に浮く重量33kgの折りたたみ式コンクリート救助艇作成を成功させた作品です。

同大臣賞及び日本海事広報協会会長賞の入賞者は
以下のとおりです。
 ▽国土交通大臣賞(1点)
  ■高校部門 
   新潟県立新潟工業高等学校 土木科3年 
   知的財産研究班 
   佐藤奨之介・桑野健太・櫻木佑介・中野芳樹成海岳至・野上敬太
   レポート名「自分が助からないと、大切な人を助けられない~折りたたみ式コンクリート救助艇の作成~」
 ▽公益財団法人日本海事広報協会会長賞(2点)
  ■小学生部門
   愛知教育大学附属岡崎小学校5年
   畔栁皓一
   レポート名「北極の氷が融けると、海水面は上昇するのか?」
  ■中学生部門
   江田島市立大柿中学校 
   科学部
   レポート名「江田島のマテガイを採る!食べる!学ぶ!
           ~マテガイからみた里海の豊かさ~」

 2012年度の応募数は、小学生部門11校63点、中学生部門17校371点、高校生部門9校52点、計486点でした。 
 
 この「ジュニア・マリン賞」は、(公財)日本海事センターから補助を受け、国土交通省、文部科学省、(一社)日本船主協会、(公財)日本海事センターの後援を得て実施しています。 

◆詳細情報はこちら。

http://www.kaijipr.or.jp/lamer_event/juniormarine/2012.html

写真表示

写真表示

写真表示