2006年度「ジュニア・マリン賞」決定

過去の入賞作品を選ぶ

小学生、中学生、高校生による海の研究レポート

日本海事広報協会は小学生、中学生、高校生による海の交通、産業、水産・漁業、歴史、文化、自然、環境などについての研究成果や、海浜清掃ボランティア活動の成果レポートを募集する「ジュニア・マリン賞」(後援・国土交通省、水産庁、(財)日本海事センター)を実施しています。さる3月26日に海運クラブ(東京都千代田区)で行われた2006年度「ジュニア・マリン賞」の発表・表彰式において、小学生、中学生、高校生の部門ごとに最優秀賞、優秀賞が選出、表彰されました。選出された研究レポートは次のとおりです。
また、優れたレポートを多数応募された学校に贈られる「学校奨励賞」には東京都足立区立第九中学校が選ばれました。


ジュニア・マリン賞

小学生
部 門
最優秀賞
「三浦の海はすばらし! ~シオヤガイの浄化実験~」
  愛媛県宇和島市立三浦小学校5年
   水野恵秀(みずの よしき)、3年 水野将秀(みずの まさき)
優秀賞
「知床発、油まみれの海鳥から」
  北海道斜里町立峰浜小学校
   5年 加藤菜央(かとう なお)、4年 乙部雄大(おとべ ゆうだい)
「海の研究パート6 海をみつめた6年間」
  高知県高知市立高須小学校6年
   沖大智(おき だいち)
中学生
部 門
最優秀賞
「沈没!?」
  東京都千代田区立九段中等教育学校1年
   金子 愛(かねこ まなみ)
優秀賞
「どうしてきたない海の水&おいしい水になるためには・・・」
  東京都千代田区立九段中等教育学校1年
   大田原杏珠(おおたわら あんじゅ)
「小田原産「かまぼこ」と海の関係について」
  日本大学三島中学校3年
   吉本 寛(よしもと ひろし)
高校生
部 門
最優秀賞
「静岡市有度丘陵・根古屋層中の有孔虫化石による堆積当時の環境の推定」
  静岡県立静岡中央高等学校1年~3年
  理科授業選択者グループ
   (代表 大原由莉(おおはら ゆり)ほか19名)
優秀賞
「海のゆりかごを守りたい! ~ハチの干潟調査隊活動報告~」
  広島県立忠海高等学校2年 科学研究部ハチの干潟調査隊
   (代表 上本雄治(うえもと ゆうじ)ほか5名)
「水産資源回復の取り組み~カサゴの種苗生産~」
  長崎県立長崎かくよう鶴洋高等学校2年 水産クラブ
   (代表 山内一馬(やまうち かずま)ほか4名)

[ 審査風景 ]
審査委員からの質問に答える発表者


募集と選考について説明、各部門優秀賞の内容をお知りになりたい方は次の項目をクリックして下さい。