海と船なるほど豆事典海の生物のなるほど

地球最大の生物は海に住んでいる

 海の中に住む生物でいちばん大きなものは、哺乳類のシロナガスクジラです。長さは25~30m、体重は250tぐらいになります。なかには長さが33mをこえるものもいたようです。

 魚類でいちばん大きなものはジンベイザメです。長さは20m、体重は30t以上になりますが、からだの大きさに似あわず、小魚やプランクトンを食べるおとなしいサメです。また、軟体動物ではミズダコや大王イカが大きく、なかには15mをこえるものも発見されました。

 陸上でいちばん大きかったとされるのは恐竜のブラキオサウルスです。ブラキオサウルスは長さが30m、体重が150tぐらいといわれています。ですからシロナガスクジラは、地球が誕生してから現在までに出現した、もっとも大きい生物といえるのです。陸上とちがって水の中では浮力がはたらき、重いからだをささえる必要がないので、これほど大きくなれたのです。

  • 海の自然のなるほど
  • 海の生物のなるほど
  • 船のなるほど
  • 海運と港のなるほど