海船なるほどサーチAND OR














海には魚のほかに、クラゲやイソギンチャクなどの刺胞動物、エビやカニなどの節足動物、タコやイカなどの軟体動物、クジラやアザラシなどの哺乳類といった生物が住んでいます。
 ところで海岸から深さ200mぐらいまでの海を「大陸棚(たいりくだな)」といいます。この「大陸棚」はすべての海の面積の7.6%ですが、生物がたくさんいることで知られています。
また、200mより深い「深海」でも、大型の生物だけでもすでに数万種類以上いることが知られています。
 しかし、これらはほんの一部にすぎません。広い海の中にいったいどれぐらいの生物が住んでいるのかは、まだ、よくわかっていません。現在の予想では、おそらく1,000万種類以上の生物がいるとされています。ちなみに、陸上に住む生物はおよそ100万種類で、その85%が昆虫といわれています。地球上にいるすべての生物を重さであらわしたとき、その90%は海の生物といわれています。海は種類、量ともに生命の宝庫なのです。