海船なるほどサーチAND OR














現代の外国航路の大型原油タンカーやコンテナ船などの貨物船は、20名前後の乗組員で動かしています。大きさのわりには少ないと思いませんか。それは船の仕事がコンピュータ化されるなどして、合理化され、陸上でもサポートできるようになったからです。
 かつて1950年代中ごろの、1万tぐらいの貨物が積める貨物船には50名もの船員が乗っていました。多くの仕事を人力でおこなっていたので、たくさんの人数が必要だったのです。1960年代中ごろになると、船内のいろいろな機械の自動化や電子化が進み、人手がなくても船を安全に走らせることができるようになりました。そのため、1980年代中ごろには1950年代中ごろの半分ぐらいの人数で動かせるようになりました。さらに最近は14名前後で動かせる船も造られるようになり、11名で運航する船もあります。
 ところで船の最高責任者は船長です。そのほかの乗組員は甲板部、機関部、無線部、事務部にわかれて仕事をしています。甲板部はおもに船の運航や貨物の積みおろしの管理をします。機関部はおもにエンジンの操作や点検などを、通信部はおもに無線で陸上やほかの船との連絡をとります。事務部は船員の食事をつくったりするのがおもな仕事です。最近の少人数の船では、兼務で他の部の仕事の一部を手伝うようなしくみになっています。