海船なるほどサーチAND OR














貨物船のエンジンでもっともたくさんつかわれているのは、ディーゼルエンジンです。これは大型トラックのエンジンと同じしくみで動くものです。100馬力以下の小さなものから、数万馬力もある大きなものまであり、船の大きさや貨物を積む量、速力によってつかいわけられています。
 貨物船の中ではコンテナ船にもっとも大きな馬力のエンジンが積まれています。日本船の最大級のものでは5万馬力(4万5,100重量t、速力24.8ノット)にもなり、エンジンの重さは1,500tをこえます。コンテナ船にくらべると、原油を運ぶ大型タンカーは2万7,200馬力(24万重量t、速力15.3ノット)ぐらいです。タンカーはコンテナ船の5倍以上の貨物を運びますが、コンテナ船のようなスピードをだす必要がないからです。船を進めるために必要な馬力は、同じ船の速力を2倍にするためには2の3乗、つまり8倍の馬力が必要になります。少しでも速く走るためには大きな馬力を出すエンジンが必要になり、コンテナ船のほうが大きな馬力のエンジンが必要になるわけです。ディーゼルエンジンの燃料は貨物船ではほとんど重油がつかわれていて、軽油をつかうトラックとはことなります。

1万3,000総tのカーフェリーのディーゼルエンジン