海船なるほどサーチAND OR














大気中の水蒸気が大雨となって地上にふりそそぎ、原始の海が生まれました。海底からは高い温度の熱水がふきだしています。これに大気中から海水にとけこんだアンモニアガスやメタンが熱水に刺激されて化学反応をおこしはじめます。そしてアミノ酸や核酸などに変化し、さらにより複雑なたんぱく質や遺伝子などへと発達していきました。これらの物質が材料となって、小さくて簡単なしくみの菌のような生物が生まれたのです。地球が誕生して10億年、海が誕生して7億年ぐらいたったころでした。
 やがて海に海藻類が生まれます。この海藻類は光合成をおこなって、酸素を大気中に放ちます。この酸素が紫外線と反応してオゾン層がつくられました。オゾン層ができると地上にふりそそぐ紫外線が弱まり、陸上でも生命が生きていけるようになります。こうして4億2,000万年前、植物が海から陸へあがり、生息しはじめました。その後さらに酸素や紫外線の条件がととのってくると、昆虫やひれをもつ魚類などが陸上に住みはじめ、進化をしつづけるのです。
 ところで、わたしたちの身体を構成するおもな元素の組成は、海水の組成とたいへんよく似ています。ことに羊水は、海水とほとんど同じです。このことは、生命が海で生まれたと考える重要な裏付けとされています。

主要元素の存在量ベスト8
存在量の順位 人体 羊水 海水
1 水素 水素 水素
2 酸素 酸素 酸素
3 炭素 ナトリウム ナトリウム
4 窒素 塩素 塩素
5 ナトリウム 炭素 マグネシウム
6 カルシウム カリウム イオウ
7 リン カルシウム カリウム
8 イオウ マグネシウム カルシウム