トップページ
日本海事広報協会のイベント
第8回海洋文学大賞の決定について
日本海事広報協会のイベントトップ
1 募集期間
(1)募集期間 平成15年10月10日(金)~平成16年2月29日(日)


(2)募集結果 応募総数436点
内訳 海洋文学賞部門 193点
海の子ども文学賞部門 243点

2 選考会
海洋文学賞部門平成16年5月18日(火)
海の子ども文学賞部門
平成16年5月24日(月)
特別賞
平成16年5月18日(火)

3 実行委員長
曽野綾子(作家・日本財団会長)

4 選考委員
委員長・十川信介(学習院大学文学部教授)、
北方謙三(作家)、半藤一利(作家)、鈴木光司(作家)、
木暮正夫(児童文学者、日本児童文学者協会理事長)、
上 笙一郎(児童文化評論家)、木村龍治(放送大学客員教授)
(敬称略)

5 第8回大賞受賞作品・受賞者(敬称略)
 ○海洋文学賞部門
大 賞 「宗谷丸の難航」(ノンフィクション)
高頭 聰明
(大阪府和泉市)

佳 作 「南風の海」(小説) 中川 富士男
(和歌山県和歌山市)
佳 作 「コーラル・アイランド」(小説) 坂西 夏果
(兵庫県尼崎市)       
 ○海の子ども文学賞部門
大 賞 「海ん婆」
菅原 裕紀
(岩手県水沢市)

佳 作 「海のでんわにきをつけろ」 渡辺 ふき乃
(千葉県千葉市)
佳 作 「いつか、未来の海で」
新垣 勤子
(沖縄県名護市)


大賞受賞作品プロフィール
 ○海洋文学賞部門
作品タイトル
「宗谷丸の難航」(ノンフィクション)
内 容
  戦後間もない昭和20年の秋、食糧難に苦しむ母を助けるべく、兄弟で小樽の親戚の家に食料調達に向かう。その帰途、青函連絡船「宗谷丸」に未曾有の大嵐が襲いかかる。筆者の日記をもとにその難航海の模様を忠実に再現した作品。
受賞者プロフィール
高頭聰明・たかとう そうめい(本名=同じ)
昭和5年3月 北海道・小樽市生まれ。
パリ国際サロン会員。
高頭高周波工業株式会社 代表取締役。大阪府和泉市在住。

 ○海の子ども文学賞部門
作品タイトル
「海ん婆」
内 容
  主人公の少年たちと、北限の海女だったらしい「海ん婆」とのユーモラスなやりとりを通じて、海と人との関わりを教える。「海ん婆」の強烈な個性が印象的な作品。
受賞者プロフィール
菅原裕紀・すがわら ゆき(本名=同じ)
岩手大学人文社会学部卒業。
岩手日報「北の文学」入選。岩手県水沢市在住。


6 特別賞受賞者
画家・海事評論家 柳原 良平(やなぎはら りょうへい)
授賞理由   船や港のイラストや著作を通じて、多くの国民に海や船への関心を高めた功績。

特別賞受賞者プロフィール
昭和6年(1931)8月、東京生まれ(72歳)。
京都美術大学卒業。大学を卒業後寿屋(現サントリー)宣伝部に入社。
「アンクルトリス」シリーズで一世を風靡。
子どものころから船の世界にのめり込む無類の船キチ。
「良平の船の博物館」、「船キチの記」、「良平の東京湾みなとスケッチ」など船や港に関する著作が多数ある他、昨年12月には 船キチ歴55年の集大成としてエッセイ集「船キチの航跡」を発刊。昭和45年に横浜文化賞を受賞。また、平成2年には海事思想 普及の貢献により運輸大臣より交通文化賞を受賞。
神奈川県・横浜市在住。

6 賞 金
   次の賞金と記念品を贈呈
    海洋文学部門
       大賞100万円(1作)、佳作20万円(2作)
     海の子ども文学賞部門
       大賞50万円(1作)、佳作10万円(2作
     特別賞
      賞金200万円


7 贈賞式
日   時
平成16年7月16日(金)
会   場
東京・船の科学館(品川区)

8 この事業は、日本財団と(財)日本海事広報協会の 共催により実施しています。