トップページ
日本海事広報協会のイベント
第7回海洋文学大賞の決定について
日本海事広報協会のイベントトップ
1 募集期間
(1)募集期間 平成14年10月7日(月)~平成15年2月28日(金)

(2)募集結果 応募総数525点
内訳 海洋文学賞部門 254点
海の子供文学賞部門 271点

2 選考会
海洋文学賞部門平成15年5月21日(水)
海の子供文学賞部門
平成15年5月26日(月)
特別賞
平成15年5月21日(水)

3 実行委員長
曽野綾子(作家・日本財団会長)

4 選考委員
委員長・十川信介(学習院大学文学部教授)、
北方謙三(作家)、谷 恒生(作   家)、半藤一利(作家)、
木暮正夫(児童文学者、日本児童文学者協会理事長)、
上 笙一郎(児童文化評論家)、木村龍治(放送大学客員教授)
(敬称略)

5 第7回大賞受賞作品・受賞者(敬称略)
 ○海洋文学賞部門
大 賞 「不定期船 宝洋丸」
椋本一期
(神奈川県横浜市)

佳 作 「鳰の詩」 田邉 盛
(大阪府岸和田市)
佳 作 「帆船は止まらない」 原 鴻一郎
(神奈川県鎌倉市)       
 ○海の子供文学賞部門
大 賞 該当作品なし

佳 作 「ぼくは魚のお医者さん」 長谷川洋子
(愛知県知多市)
佳 作 「なみだの穴」
馬原三千代
(千葉県市川市)
佳 作 「水平線に行きました」
菅原裕紀
(岩手県岩手郡)

大賞受賞作品プロフィール
 ○海洋文学賞部門(ノンフィクション)
作品タイトル
「不定期船 宝洋丸」
内 容
  戦後の日本の復興に尽くした優秀な日本人船員を、当時一等航海士だった坂本(筆者)が描いた航海記。第二次大戦を生き抜いた老朽船「宝洋丸」と百戦錬磨のクルーが冬の北太平洋を乗り切る感動のドラマ。
受賞者プロフィール
椋本一期・むくもと いちご(本名 椋本金三郎)
大正14年9月 東京都・渋谷区生まれ
東京高等商船学校 航海科卒(125期)


6 特別賞受賞者
作家 陳 舜臣
授賞理由   海を舞台とした壮大なスケールの歴史小説を執筆し、多くの国民に海と人々の深い結びつきや海への関心を高めた功績。

特別賞受賞者プロフィール
大正13年(1924)2月、兵庫県神戸市生まれ(79歳)。
国立大阪外語学校(現大阪外国語大学)インド語学科卒業。西南アジア語研究所の助手を経て著述活動に入る。
昭和36年(1961)「枯草の根」で第7回江戸川乱歩賞を受賞しプロデビュー。
昭和43年(1968)に「青玉獅子香炉」で第60回直木賞を受賞。
「阿片戦争」(全3冊)、「戦国海商伝」上・下など海洋歴史小説を多く執筆。
平成5年には琉球の歴史を描いた本格的な長編小説「琉球の風」のNHK大河ドラマ化で大好評を博した。
平成10年勲3等瑞宝章を受賞。

6 賞 金
   次の賞金と記念品を贈呈
    海洋文学部門
       大賞100万円(1作)、佳作20万円(2作)
     海の子ども文学賞部門
       大賞50万円(1作)、佳作10万円(2作
     特別賞
      賞金200万円


7 贈賞式
日   時
平成15年7月16日(水)
会   場
東京・船の科学館(品川区)

8 この事業は、日本財団と(財)日本海事広報協会の  共催により実施しています。