(公)日本海事広報協会のホームページです。「海の日」や海運・造船などの海事産業、マリンレジャーや海洋環境など海について幅広い広報活動をしています。



トップページ > ニュース > 2018年度「ジュニア・シッピング・ジャーナリスト賞」入賞作品決定!
ニュース
2018年度「ジュニア・シッピング・ジャーナリスト賞」入賞作品決定!

 (公財)日本海事広報協会(会長・朝倉次郎)は、平成31年1月17日(木)、28日(月)に、「ジュニア・シッピング・ジャーナリスト賞」最終審査会を開催し、国土交通大臣賞(2点)、日本海事広報協会会長賞(2点)、日本船主協会会長賞(1点)、日本造船工業会会長賞(1点)、優秀賞(6点)他各賞を決定しました。

 「ジュニア・シッピング・ジャーナリスト賞」は、小・中・高校生の皆さんに海運や船・港などに興味関心を深めてもらうことを目的として、これらをテーマとする新聞を募集し、優秀な作品を表彰するもので、2018年度の応募数は1,105作品でした。

 後日、入賞作品をホームページに掲載するとともに、全国で入賞作品展を実施して参ります。


1.応募総数 1,105作品
       (小学生部門519作品 中・高校生部門415作品、チャレンジ部門171作品)

2.審査委員(敬称略)
  アグネス・チャン(歌手・教育学博士)
  小林 豊茂(全国新聞教育研究協議会 理事長)
  黒川 久幸(東京海洋大学 教授)
  伊藤 松博((公財)日本海事広報協会 理事長)

3.後援
  国土交通省、文部科学省、
  全国連合小学校長会、全日本中学校長会、全国高等学校長協会、全国市町村教育委員会連合会、
  (一社)日本船主協会、(一社)日本造船工業会、(一社)日本中小型造船工業会、(公財)日本海事センター


4.入賞者は下記の通りです。  
                                                                                <2019年2月5日>



写真表示

写真表示

写真表示