(公)日本海事広報協会のホームページです。「海の日」や海運・造船などの海事産業、マリンレジャーや海洋環境など海について幅広い広報活動をしています。



トップページ > 書籍販売 > バックナンバー
書籍販売
「FAX短信」バックナンバー(Acrobat Readerで表示されます。)
平成24年(2012年)
247 「CDIT」Vol.39:〈特集〉海洋再生可能エネルギーの実用化に向けて 他
246  「KAIUN」2月号:次世代船舶管理への布石/グローバル海運の現状に対応した全日海の活動 他
245  「港湾」12月号:タイ自動車産業の発展を支えるレムチャバン港 他
244  「日本海事協会会誌」No.300:〈特集〉「騒音」IMOにおける船内騒音規制の強化について 他
243  「"K"LINE NEWS」No.632:〈特集〉もっと知ろう!防災(海上編)船上で地震が起きたら?船上での防災について
242  「海と安全」No.554:〈インタビュー〉内航海運はわが国経済活動を支える 他
241  「海上保安新聞」9月6日号:改正庁法が成立 海上保安官に離島逮捕権 他
240  「鉄道・運輸機構だより」No.34:〈特集〉スマートシップ「日王丸」訪船記 他
239  「日本倉庫時報」第1220号:〈講演〉TPPを含む経済連携について
238  「国土交通」No.115:港が日本を強くする 他
237  「国土交通」No.114:〈特集〉東北の復興は、みらいへ向けたまちづくり 他
236  「よみがえれ港湾 3.11東日本大震災の記録」:東日本大震災の概要 他
235  「マリンエンジニア」No.783:「ソマリア沖アデン湾海賊問題」 他
234  「マリンレスキュージャーナル」1月号:青い羽根募金2011」活動レポート 他
233  「日本海運の現状」:世界海運とわが国海運の輸送活動 海運経営 他
232  「船員ほけん」Vol.661:大海原が君たちの活躍の場になる!国立館山海上技術学校を訪ねて 他
231  「CDIT」Vol.37:わが国の海洋政策と海洋産業-3.11のBefere&Afterを考える- 他
230  「うみ」No.48:海からの日本復興 他
229  「水路新技術講演集」第25巻:水路140周年記念シンポジウム(広島) 他
228  「全船協」第118号:海運3社最終赤字 今期見通し世界で荷動き鈍る 他
平成23年(2011年)
227  「共有船」12月号:国内コンテナ・フィーダーに関する研究(2011)の概要 他
226  「国土交通」No.112:「海図」のはなし 他
225  「Captain」No.405号:〈特集〉衆議院海賊対処・テロ防止特別委員会概要 衆議院特別委員会参考人報告 他
224  「NIST」Vol.26:シップスクールによる「広報コミュニケーション」の推進! 他
223  「季刊 水路」」159号:専用船余話~我国初の水路業務専用船~ 他
222  「KAIUN」10月号:〈寄稿〉トン数標準税制の歴史と展望 他
221  「OSAKA*文化力」No.113:市場経済から文化経済へ 「小国大輝」で日本が変わる 他
220  「燈光」9月号:初の試み、夜間における釣掛埼灯台一般公開 他
219  「"K"LINE NEWS 9月号:天然ガスを燃料とするLNG燃料船開発プロジェクト 他
218  「海と安全」NO.550:〈特集〉省エネに取り組む国内就航船の現状と展望 他
217  「舶用工業“舶”」夏号:総合的な新造船政策~一流の造船国であり続けるために~ 他
216  「船と海のサイエンス」夏号:〈特集〉数値水槽CFD 21社が海技研CFD利用し船型開発、模擬実験 他
215  「大阪港」7月号:ベトナム南部の港湾開発 南ベトナムコンテナ海上輸送の近況と船社の取組み 他
214  「MarineVoice21」Vol.274:〈特集〉東日本大震災 港湾施設が果たした役割を検証 他
213  「港湾」6月号:特集 港湾法改正 他
212  「海事の窓」第61号:海商法のわが国での不幸な境遇と再生への展望 他
211  「日本倉庫時報」第1207号:講演 世界の穀物需給について 他
210  「運輸振興」第295号:被災地で喜ばれた練習船カレーライス 他
209  「うみ」No.47:海事産業界に係わる円高問題と休日の分散化についての臨時会 他
208  「うなばら」4月号:中学校の授業で特別講師 船乗りの仕事と海運業の大切さをアピール 他
207  「国土交通」No.108:教えて国土交通省!海賊って本当にいるの? 他
206  「なつしま」第84号:海底を走行可能な無人探査機~ROVによる海底ボーリング活動への第一歩~ 他
205

「海上保安新聞」 3月17日号:大津波 東北太平洋沿岸襲う 海保 全管区あげ救助活動 他

204  「海技共育21」:第1章 教育の現場から  他
203  「Blue Earth」 No.110::私が海を目指す理由 雪を追う  他
202  「船と海のサイエンス」冬号:〈特集〉NOx削減への研究開発 船用SCR脱硝装置の開発によりNOxを80%削減 他
201  「鉄道・運輸機構だより」No.28:国内海運を支える共有船の建造現場 他
200  「KAIUN」1月号:モーダルシフト推進は内航復活へのフロンティア/日本造船業の将来展望 他
199  「四国運輸研究」第28号:フェリー航路が果たす社会的役割について 他
198  「IHI技報」 Vol.50 No.4:環境負荷低減型コンテナ船「eFuture 13000C」の開発  他
平成22年(2010年) 
197  「PORT OF NAGOYA」 11月号:スーパーエコシップとは 他
196  「国土交通」No.106:業務密着ルポシリーズ 現場力海洋環境船 Dr.海洋 他
195  「Blue Earth」 No.109=ちきゅうと断層とマンションと天然記念物 他
194  「ゆないてっど」10月号(創刊号):新生NSユナイテッド海運の船出にあたって 他
193  「港のたより」Vol.94: みなとオアシス「江差」がスタート 他
192  「共有船」 10月号:青函航路にカジュアルクルーズ志向の「ブルードルフィン」登場 他
191  「MESsAGE」53号:〈特集〉もっとエコロジー計画 他
190  「マリンレスキュージャーナル」 vol.102:「青い羽根募金2010」活動レポート 他
189  「なつしま」第77号:JAMSTECの事業が「最先端研究基盤事業」に選定される 他
188  「YUSEN」9月号:〈特集〉理解を深めてみませんか舶用燃料油のイロハ 他
187  「海上保安新聞」 8月19日号:『海猿-ザ・ラストメッセージ-』(9.18公開)羽住監督インタビュー 他
186  「国土交通」No.104:「道の駅」だけでなく、「海の駅」もあるって本当? 他
185  「港湾」 7月号:アジアとの連携を目指すコロンビアブエナベントゥーラ港の民営化 他
184   「船員ほけん」vol.652:〈特集〉暮らしと産業を支える内航船 他
183  「運輸振興」第289号:公共輸送モニター提言は活かされています 他
182  日本海洋少年団連盟「海っ子」No.583:環境活動への新たな取り組み始まる!!~美しい自然を未来へ~ 他
181  「国土交通」No.103号:〈対談〉交通基本法がもたらす交通革命-前原誠司(国土交通大臣)×フィリップ・フォール(駐日フランス大使)- 他
180  「海洋」5月号=〈学生特集〉座談会 1・2年生が語る入学の動機・学生生活・将来の夢 他
179  「海洋白書2010」:新たな「海洋立国」の実現に向けて/海洋の安全確保および海上輸送確保 他
178  「Marine Voice21」 Vol.269:国際競争力を強化する-東京港- 他
177 「船と海のサイエンス」2010春号:〈特集〉ZEUS・ハイブリッド始動から1年、大幅な推進効率実現へ 他
176 「せんきょう」3月号:〈海運ニュース〉水先人指名制に係るトライアル事業の拡大、 「せんきょう」廃刊のお知らせ 他
175 「Blue Earth」No.104 :〈特集〉シミュレーション科学の新たな世界へ 他
174 「せんきょう」No.595:減速航行へのチャレンジ、 「うなばら」No.523:〈特集〉みなと便り 他
173 「海技共育21」:〈特集〉国立宮古海上技術短期大学校開校、海技大学校児島分校の足跡 他
172 「ハロー!マリン・レジャー」改訂版:ボートライセンス、ボートの検査・登録・保険 他
171 「平成21年版レポート海難審判」:海難審判所の発足、海難の調査と審判、海難の発生と原因 他
170 「Blue Earth」No.103 :〈特集〉海から拓く地震研究の未来 他
169 「鉄道・運輸機構だより」No.24 :〈伝承されてきた技術〉~ある内航船の誕生まで~ 他
168 「うみ」No.45: 「海の日」祝日化運動の記録①~国民の祝日「海の日」制定推進会議の活動 他
167 「せんきょう」No.543:アデン湾における海賊対処活動について 他
平成21年(2009年)
166 「船と海上気象」Vol.53 No.2:国土交通大臣表彰船「UNITED SPIRIT」へのインタビュー他
165 「海と安全」No.543:特集「船員の健康管理と疾病予防対策について」 他
164 「舶用工業“舶”」No.243:中小造船業・舶用工業の現状 他
163 「Captain」No.393:特集「ソマリア沖・アデン湾の船舶護衛活動の現状」 他
162 「季刊 水路」151:大陸棚調査開始の頃の事など 海と地図のアンソロジー 他
161 「IHI技報」Vol.48No.4:「船を愛する男のVLCC開発物語」 他
160 「海上保安新聞」第2919号:「国際社会からの支援が必要」など5項目にわたって認識共有化 他
159 「O-BAY」No.40:特集 境臨海部の取組について
158 「舶」夏号:わが国造船・舶用工業の今後の針路について 他
157 [海と安全」No.542:特集 プレジャーボートなどの安全対策について
156 「港湾」8月号:特集 暮らしを支えるバルク貨物輸送に新たな展開に向けて 他
155 「YUSEN」No.624:特集 これが私の生きる道 女性海上社員座談会 他
154 「Marine Voice21」vol.266:港湾の防災力 他
153 「Captain」第391号:特集「ソマリア海賊問題」会長の国会報告 他
152 「CDIT」Vol.28:座談会 沿岸域における災害への備えについて 他
151 「mi/n/na/to」(東京湾通信)Vol.12:東京湾の発展を支えた港湾・空港技術に注目 他
150 「海と安全」No.541:特集 漁船の近代化と操業の安全 他
149 「日本倉庫時報」第1183号:国際飼料穀物の需給動向について 他
148 「せんきょう」No.585:海賊対処のための護衛艦エスコート開始 他
147 「Blue Earth」3-4月号:Blue Earthはこうして生まれた キーワードは“地球-生命相互作用システム体”他
146 「月刊共有船」No.445:全通一層甲板型ハッチレスコンテナ専用船「まや」 他
145 「せんきょう」3月号:タンカーのイナートガスシステムの搭載要件について議論IMO第53回防火小委員会結果 他
144 「港湾」3月号:特集 危機管理の最前線 早期対策の重要性 他
2月 「港湾」1月号:特集 中東アジア・アフリカの港湾、「Ship Ocean Newsletter」No.201:「海の森」再生に向けて、「水路」Vol.137No.4:観測機器が伝える歴史・天測計算器、「船員ほけん」1-2月号:ミス日本「海の日」に聞く
1月「旅客船」1No.246:世界の海と港から(その2)、「港湾」12月号:最新!クルーズ事情、「国土交通」12月号:船舶リサイクル条約の策定、「Ship Ocean Newsletter」No.200:海洋政策の総合的推進に向けて活発な議論を
平成20年(2008年)
12月「せんきょう」11月号:アデン湾の海賊問題で国土交通大臣へ要望、「海上保安新聞」弟2880号:国連が公開?日本の大陸棚延長データ、「国土交通」11月号:海上保安最前線、「Catain」第387号:船へと続く道
11月「せんきょう」10月号:環境問題と海運、「海上保安新聞」弟2878号:大陸棚、7海域で延長、「船員ほけん」Vol.642:さかいみなと荘、「Ocean Gate」Vol.7:ボクらの未来チャート・水産大学校
10月「せんきょう」9月号:「海フェスタ」、「海上保安新聞」弟2874号:「激動の十年史」発行、「名古屋港」Vol.158:名古屋港コンテナ輸送の始まり
9月「せんきょう」8月号:日本人船員(海技士)の確保・育成、「海上保安新聞」弟2868号:原油高騰 海保が緊急対策指示、「海と安全」:主な海難を振り返って(特集:協会創立50周年)
8月「作業船」夏季号:創立50周年の日本作業船協会、「KAIUN」7月号:「海洋の安全」・環境保全のための官民の体制構築、「Marine Voice21」Vol.262 :東京湾再生に向けての横浜技調の取組
7月「旅客船」No.244:客船の損傷時復原性、「港湾」6月号:スエズ運河に出現したドライブスルー型コンテナ港湾、「海事の窓」第56号:船を動かす楽しさ恐ろしさ
6月「国土交通」5月号:外航海運からの二酸化炭素排出削減に向けた課題、「港湾」5月号:万国の津梁(架け橋)を目指し港づくり、「舶」Spring号:ICタグを活用した情報の共通利用を調査研究
5月「国土交通」4月号:美保関灯台、「せんきょう」4月号:「安全な海への取り組み」、「港湾」4月号:特集?みなとの工事のしくみを探る
4月「運輸振興」第276号:国土交通省の平成20年度予算、「せんきょう」3月号:陸上職域に変化の目を、「海上保安新聞」第2852号:機動救難士出動500件
3月「国土交通」:第4回国際沿岸防災ワークショップ開催、「OceanGate」:若い力を『海』は待ち望んでいます!、「大阪港」:クルーズ振興とCIQ
2月「国土交通」:船員の仕事って楽しいかも!、「WAVE」:第7回港と文化を語る集い、「ShipandOcean Newsletter」:民間外交の鑑:海から繋がる日本とトルコの友好
1月「港湾」:「豊かなウォーターフロント フォトコンテスト」に応募作品426点、「海事交通研究」:諸外国及び日本におけるトン数標準税制の動向、「旅客船」:新船紹介「さんふらわあごーるど」
平成19年(2007年)
12月国土交通:特集 海の新時代 ?海洋基本法と海事行政?、港湾:東京湾のコンテナフィーダー輸送、海と安全:フェリー・旅客船の安全対策を追う
11月せんきょう:「我は海の子」に想う、海上保安新聞:命救ったペットボトル、観光:小名浜の”港町”づくり
10月運輸振興:平成20年度国土交通省予算概算要求の概要、せんきょう:節度をもった共通賃金体系を、海上保安新聞:雑品スクラップ積載船の火災急増
9月国土交通:三角西港:熊本県民の悲願、せんきょう:トン数標準税制の論点、港湾:変化を続ける港湾物流の情報化
8月海事レポート:「海の日」に平成19年版を発行、せんきょう:創立60周年記念式典を開催、海上保安新聞:ミス日本「海の日」が青い羽根募金に一役
7月国土交通:7月16日は国土交通DAY、せんきょう:海難残骸物除去に関する新条約採択される、海上保安新聞:海保の体制強化急務
6月国土交通:平成18年度国土交通白書、せんきょう:官労使による日本人海技者確保・育成推進協議会発足、旅客船:遣唐使船のマストの謎
5月国土交通:函館国際水産・海洋都市構想、港湾:我が国の臨海部産業の動向、観光:「観光立国推進基本法」と今後の日本の観光政策
4月国土交通:内航船員(海技者)の育成、旅客船:安全航海いろはかるた、Ship&OceanNewsletter:新たな海洋立国を目指して、観光:岩国市由布港ほか
3月せんきょう:新造船構造要件強化前の駆け込み建造、海上保安新聞:予断許さぬ大陸棚問題、観光:「旅フェア2007」まもなく開催、ほか
2月国土交通:ジョブカフェと連携した「船員就職セミナー」開催、港湾:誰が港をつくったのか、船と海のサイエンス:外洋上プラットフォームの開発、ほか
1月せんきょう:ILO海事労働条約セミナーが開催される、港湾:海洋・沿岸域管理政策のあり方について、SHip&Ocean Newsletter:海洋政策と資源エネルギー問題、ほか