トップページ
日本海事広報協会のイベント
第46回 全国中学生海の絵画コンクール 大臣賞授与式
日本海事広報協会のイベントトップ

授賞の様子(クリックで拡大)
財団法人日本海事広報協会(会長 鈴木邦雄)が主催する、第46回「全国中学生海の絵画コンクール」の金賞(国土交通大臣賞)の授与式が平成21年8月21日午後、国土交通省で行われました。金賞受賞者である三浦紋実(みうら あやみ)さん(神奈川県横浜市立金沢中学校2年)に対し、国土交通省の小野芳清海事局長から、賞状が手渡されました。
受賞作品は全国4,974点から選ばれた作品で、小野局長は「技術的にすばらしく、作品から町の雰囲気がよく出ています。三浦さんがこういう海の景色を見ながら、育ったのだと伝わってきます」と、三浦さんに語りかけました。中学校の美術部で19人の仲間とともに毎日、部活に励んでいる三浦さんは、「本日の授与式で、金賞受賞は本当に大変なことだと実感しました。作品は、自宅近くの海岸の風景で、春から夏へと季節が移る海のやさしさを描きました。海面に映る船体の影を表現するのに苦労しましたが、審査員の先生にその点を特に認めていただき、とてもうれしかったです」と喜びを語ってくれました。